Maccle

Googleモバイルイメージ広告、誤クリック防止のために「確認メッセージ」の表示を導入

December 17, 2012
約 2 分
Googleモバイルイメージ広告、誤クリック防止のために「確認メッセージ」の表示を導入

Googleは、自社のモバイル広告に誤クリックと思われる場合は、広告表示を意図した操作であったかを確かめる「確認メッセージ」を表示する仕組みに変更したことを発表しました。

誤ってクリックしてしまうケースというのは、スマートフォンで広告を表示するアプリやサイトを閲覧中、そのコンテンツ内に表示されている広告の縁をタップしたりスクロールしてしまったことによる意図しない場合がほとんどだそうで、今回はその検証結果に基づく対策のようです。

これは、 広告の右端をクリックしたときはダイレクトに広告やアプリのページが表示されますが、コンテンツと広告の境界部分や右端の「矢印」以外がタップされた場合は、この確認メッセージがクッションになって誤クリックを防ぐ仕組みです。

テキスト広告の「確認メッセージ」は数年前から導入していますが、いよいよイメージ広告にもこの仕組みが導入されるわけですね(テキスト広告の確認メッセージ↓)。googlemobileads-confirmclick-text

情報収集用に、私もいくつかの無料のニュースアプリを毎日チェックしますが、確かに誤クリックを誘発しているようないやらし~位置に「続きを読む」ボタンがあったり、寝転がりながら親指の腹でアバウトにタップしたときに間違えて広告が開いてしまうことがよくあります!

誤クリックというのは、コンバージョンレートは下がるし広告主にとっても迷惑でアプリ利用者やサイト訪問者にとってもストレスになるだけなので、表示領域が限られるモバイル広告の誤クリック対策としてはいいのではないでしょうか?

実際、Googleではこの誤クリックを回避する仕組みを導入したことで、広告のクリック率はわずかに下がりはしましたが、コンバージョン率は逆に向上したとしています。

なお、このモバイル広告の対策についてはまだ一連の「ファット・フィンガー」と称されるモバイルデバイスにおける広告システムの課題への始まりにすぎず、Googleは今後も様々な対策を講じていくみたいです。

[Google Mobile Ads Blog]

About The Author

某IT系なんちゃってエンジニアヨーダ
Apple好きだけど盲目マカーは気持ち悪いと思ってる中道だと思い込んでるしがないダメダメエンジニア。

今もってるApple製品↓
Macbook Pro 15 inch, iMac 27 inch (Late 2009), iPhone 6 Plus, iPad (初代! いらない!)
Follow :

Leave A Reply

*

Comment On Facebook