Maccle

【Titanium】TiStoreKit(アプリ内課金)モジュールの追加方法

June 6, 2012
約 4 分
【Titanium】TiStoreKit(アプリ内課金)モジュールの追加方法

Titanium mobileでiOSアプリの開発をする際に、毎回忘れてるのでメモ。。

世の中には、WordPressのプラグインのようにTitanium用の拡張機能(モジュール)もちらほら存在していますが、その中でもTitanium Mobileで作ったiOSアプリに、アプリ内課金(App-In Purchase)機能を提供してくれる「TiStoreKit」など、masuidriveさんが提供してくれているモジュールをTitaniumプロジェクトに組み込む場合、pythonでビルドしたときにこんなエラーが発生する場合があります。

** BUILD FAILED **

The following build commands failed:
CompileC /tistorekit.build/Release-iphoneos/tistorekit.build/Objects-normal/armv7/JpMasuidriveTistorekitModule.o Classes/JpMasuidriveTistorekitModule.m normal armv7 objective-c com.apple.compilers.llvm.clang.1_0.compiler
(1 failure)
xcodebuild failed

これは、モジュール側(titanium.xcconfig)で指定してあるTitanium SDKのバージョンと、実際に組み込まれているTitanium SDKのバージョンが異なるまたは存在していないため。

これを解決するには、解凍した「masuidrive-TiStoreKit-*****」フォルダの”titanium.xcconfig“のTitanium SDKのバージョンを実際のバージョンに変更するだけ。

TITANIUM_SDK_VERSION = 1.4.0
   ↓
TITANIUM_SDK_VERSION = 2.0.2.GA

一応、最初からビルド手順も。

ビルド手順

  • TiStoreKitをダウンロード。
  • ダウンロードしたアーカイブ(masuidrive-TiStoreKit-*****.zip)を解凍。
  • 解凍後に生成された「masuidrive-TiStoreKit-*****」フォルダの”titanium.xcconfig“のTitanium SDKのバージョンを実際にバージョンに変更。
  • Macにて「Control」キー+スペースキー でSpotlightを呼び出し、”terminal” or “ターミナル”と入力してターミナルを起動。
  • cdコマンドで「masuidrive-TiStoreKit-*****」フォルダまで移動(cd と打った後、フォルダをそのままターミナルにドラッグすれば早い)。
  • と入力してビルド。
  • 「masuidrive-TiStoreKit-*****」フォルダに出力された”jp.masuidrive.ti.storekit-iphone-0.1.zip“を解凍。
  • Titaniumのモジュール管理フォルダ「$HOME/Library/Application Support/Titanium/modules/iphone/」か、プロジェクト自体の「modules」フォルダに、解凍して生成された「jp.masuidrive.tistorekit」フォルダをコピー。
  • プロジェクトの”tiapp.xml“ファイルに以下を追記。

実際の実装の仕方は、「masuidrive-TiStoreKit-*****」→「example」→”app.js” を参考に。

About The Author

某IT系なんちゃってエンジニアヨーダ
Apple好きだけど盲目マカーは気持ち悪いと思ってる中道だと思い込んでるしがないダメダメエンジニア。

今もってるApple製品↓
Macbook Pro 15 inch, iMac 27 inch (Late 2009), iPhone 6 Plus, iPad (初代! いらない!)
Follow :

Leave A Reply

*

Comment On Facebook