Maccle

Macのキーボードショートカットに慣れよう!その1

約 4 分
Macのキーボードショートカットに慣れよう!その1

はじめてのMacではやはりショートカットコマンドもWidnowsとはいろいろと違うようで・・・。

自分の備忘録の意味も込めてMac のショートカットコマンドなどをメモ。

Windows→Macのコマンド系キーの違い

まず、増えすぎたWidnowsユーザからの移民はこれが分かってないとはじまらない!!

[Windows]キー → [Command]キー
[Alt]キー → [Option]キー

ってなっていてます。

これがまたキーボード配列でいうと、Widnowsキーの位置にoptionキー(つまりaltキー)があったりと、配置が逆なのよね!

Mac純正のキーボードを使う場合は、もう慣れるしかないっ。

ちなみに私は、純正キーボードはおしゃれだけど、小さくてペラペラで打ちにくくて仕方なかったので、ちょっと気は引けましたが市販のキーボード(もちろん白)に変えました。。

あと、純正キーボードのファンクションキーは、単体で押しても効かないので、キーボードの方向キー左にある[fn]キーを押しながら使う。っと。

入力モードの切り替え対象を変更

日本語/アルファベット入力モードの切り替えは、[Command]キー + [スペース]キーでできますが、Macでいろいろキーボードをさわっていると、突然ひらがなが入力できなくなったり、アルファベット入力ができなくなってしまうことが!

どうやら”ことえり”の入力モードの切り替えをいつの間にか変えてしまった模様。。そんなとき・・・

[Command]キー + [Option]キー + [スペース]キー

と押して[スペース]キーだけをさらにタイプしていくと、ことえりの基本の入力切り替えモードを変更していくことができます。

カタカナ+アルファベット、ひらがな+アルファベット、カタカナ+ひらがな などという変な切り替えパターンしかできなくなってしまったときの対処方法。

ファイルをごみ箱へ移動(削除)

これも地味〜につまづいたところ。

Finder上(Windowsでいう、エクスプローラ)やデスクトップ上でのファイルの削除、つまりごみ箱への移動操作!
Macでは[delete]キー押してもウンともスンとも言わない。

とはいえ、右クリックプロパティから「ゴミ箱に入れる」を選ぶんじゃ、なんともめんどい。ってことでガチャガチャいじってたらこれでできました。

ファイルを選択して[Command]キー + [Delete]キー
※市販のWindows用キーボードの場合は、[Windows]キー + [BackSpace]キー でゴミ箱へGO。

ファイルをごみ箱を空にする

上記の[Command]+[Delete]は、ファイルを単にごみ箱に移動しただけ。

ごみ箱のファイル自体を削除するには、

[Command] +[Shift]+[Delete]キー

でOK。

ターミナルの起動

コマンドラインでリソース状況やping、ipconfig(Macではifconfig)を実行しようと思ったとき、Macではターミナルっちゅーものでコマンド入力ができるという。

ターミナル(Windowsでいうコマンドプロンプト)は、Finderの[アプリケーション]→[ユーティリティ]→[ターミナル.app]から起動できますが、めんどい!

っということでショートカット起動する方法がないかと調べたところ、[Ctrl]キー + [スペース]キーでSpotlight(検索バー)が起動できることがわかったので、

[Ctrl]キー + [スペース]キー で、”ターミナル” or ”terminal”

として起動できました。

※補足
ちなみに、Spotlightは単純な計算機の機能もついてます。
入力ボックスに普通に数値を入れて、+、ー、*、/ なんて演算子を組み合わせれば、勝手に計算結果を自動で表示してくれます。これは地味に便利!

この記事を書いたひと

某IT系なんちゃってエンジニアヨーダ
Apple好きだけど盲目マカーは気持ち悪いと思ってる中道だと思い込んでるしがないダメダメエンジニア。

今もってるApple製品↓
Macbook Pro 15 inch, iMac 27 inch (Late 2009), iPhone 6 Plus, iPad (初代! いらない!)
Follow :

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK