Maccle

[初心者]Macでスクリーンキャプチャを取得するコマンド

約 3 分
[初心者]Macでスクリーンキャプチャを取得するコマンド

Macでのスクリーンショットの取得方法のメモ。

見ればお分かりの通り、 [conctol]キー の有無でキャプチャの出力先を、画像ファイル(controlキーなし)か、クリップボード(controlキーあり)に分けられます。

画面全体をキャプチャ

command + shift + 3

※PNGファイルでデスクトップに自動保存

control + command + shift + 3

※クリップボードにコピー

「カシャッ」とシャッター音がします。

範囲を自由選択してキャプチャ

command + shift + 4

※PNGファイルでデスクトップに自動保存

control + command + shift + 4

※クリップボードにコピー

このコマンドを呼び出すと、マウスカーソルが変わり画面の座標が表示されるので、キャプチャしたい範囲をドラッグするとシャッター音がしてスクリーンショットを取得します。

さらに、上記コマンドによる範囲指定でのキャプチャ時にはいくつかのコマンドを組み合わせて効率的にスクリーンショットを取得できます。

縦、横のどちらかの辺の長さを固定してキャプチャ

キャプチャ範囲を選択(ドラッグ)中に、縦または横の辺の長さを固定したい位置で、[shift]キーを押しながらキャプチャしたい方向へさらにドラッグ

選択開始点を中心に、上下左右均一に拡大/縮小してキャプチャ

範囲指定状態で、キャプチャ中心点(ドラッグ開始点)で [option]キーを押しながら任意の方向へドラッグ開始

選択範囲のサイズを保ったまま、選択範囲だけをそのまま移動

範囲をドラッグして選択後、[スペース]キーを押しながら任意の方向へドラッグ開始

対象ウインドウを選択してキャプチャ

command + shift + 4 を押した後、[スペース]キー

※PNGファイルでデスクトップに自動保存

control + command + shift + 4 を押した後、[スペース]キー

※クリップボードにコピー

先ほどの範囲指定のキャプチャモードの状態で、[space]キーを押すと、カーソルがカメラのアイコンになります。

画面上でカーソルを動かすと、キャプチャするウインドウを自動判定してウインドウ全体が透かし状態になるので、取得するウインドウに合わせてからクリックするとキャプチャを取得します。

キャプチャモードをキャンセルする場合は、「esc」(エスケープ)キーでキャンセルできます。

キャプチャしたイメージは、「Skitch」なんかで貼り付けたり開いて加工できます!

Skitch 2.0.2 App
価格: 無料 (記事公開時)
販売元 : Skitch
カテゴリ: 仕事効率化
App Storeでの評価 : (205件の評価)

この記事を書いたひと

某IT系なんちゃってエンジニアヨーダ
Apple好きだけど盲目マカーは気持ち悪いと思ってる中道だと思い込んでるしがないダメダメエンジニア。

今もってるApple製品↓
Macbook Pro 15 inch, iMac 27 inch (Late 2009), iPhone 6 Plus, iPad (初代! いらない!)
Follow :

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK