Maccle

【ソフト】ImageOptim : PNG, JPG, GIF画像を劣化せずに圧縮して軽量化+Webサービス

約 3 分

画像サイトをはじめ、コンテンツにイメージをちらほら掲載する機会があるようなWebサイトを運営している方は、きっと毎回アップロードする際に無駄に大きい解像度の画像ファイルのリサイズをしたり、圧縮作業をしてウェブサイト用に最適化していると思います。

最近はもっぱらMacしか使っていないので、Mac用で何か良さそうな画像軽量化ソフトがないかと、ちとググってみたら、結構いいフリーソフトがありました!

ImageOptim」というアプリです。
※ちなみに、オープンソースです。 Windows版,Mac版共に提供されています。

使い方は鬼のように簡単。

起動して、ユーザーインターフェースに軽量化したいイメージファイルをそのままドラッグ&ドロップするのみ!

圧縮するといっても、よくあるJPEG品質を下げたり、PNGやGIFのビット変換や減色とかやってるわけではありません。

仕組みを簡単に言えば、見た目のイメージデータ自体には関係のない、画像に埋め込まれたカラープロファイル情報や無駄なコメント情報などのパラメータを圧縮したり削除して、イメージ自体は劣化させずに軽量化しています。

JPEGはEXIF情報とかも削除してるのかな??(未確認。。)

ImageOptim はPNGOUT, AdvPNG, Pngcrush, extended OptiPNG, JpegOptimなどの既存のイメージ最適化ツールを包括して内部でそれぞれを使って軽量化してますが、これらの各ライブラリの軽量化に関する動作やJPEG圧縮率は、メニューの「Preferences」からカスタマイズできます。

処理が完了すると、一番右のカラムに圧縮率が表示されますが、画像によっては6割も圧縮されることもあり、そんなときは贅肉が取れた感じでかなり気持ちもスッキリします!

ちなみに、元ファイル自体に処理してしまうので、それが困る方は元のイメージファイルをコピーしてバックアップしてから圧縮してくださいね!

Goto app site!

ソフトじゃないけど、ImageOptimよりもさらに圧縮できるオンラインサービス

TinyPNG | PNG専用のLosslessなイメージ圧縮サービス

PNGイメージを極限まで圧縮するならこのサービス!複数ファイルの一括変換とドラッグアンドドロップ対応もうれしい。

JPEGmini | ほとんど劣化なしで全自動でJPEG画像を極限まで圧縮できるサービス

JPEG画質はほぼそのままで、ファイルサイズだけをアップロードするだけで大幅に削減してくれるかなり賢いWebサービス。
変換結果に、イメージのビフォー/アフターを見れるのは便利だけど、複数ファイルを一括でアップロードできないのが不便かな。

この記事を書いたひと

某IT系なんちゃってエンジニアヨーダ
Apple好きだけど盲目マカーは気持ち悪いと思ってる中道だと思い込んでるしがないダメダメエンジニア。

今もってるApple製品↓
Macbook Pro 15 inch, iMac 27 inch (Late 2009), iPhone 6 Plus, iPad (初代! いらない!)
Follow :

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK